フォーマット要求が消えないポータブルHDDからのデータ復旧 大阪心斎橋のクイックマン

機器型番:WesternDigital社製  WDBPGC5000ATT 500GB

お客様より

WDBPGC5000ATTをパソコンにつなぎながら最適な位置に置こうとしたときに、ほんの少しですが衝撃を与えてしまいました。気づくとディスク容量が読めない状態で、消しても消してもフォーマットしてくださいと表示されるだけです。特に急いているわけではないですが確実にデータの復旧を行っていただきたいです。よろしくお願いします。

診断と対応

WDBPGC5000ATTを診断したところ、重度の物理障害でした。モーターが回転せず、一定の周期ですっと電子音が鳴るといった状態です。モーターがディスク上で固着しているモーターロックと言われる状態であろうと推測しました。開封して状況を確認しないと現状では推測の域を出ないことをご説明したうえで、開封確認作業および、ロック解除作業の了解をいただきました。ロック解除後に通電させてみると、正常に起動することが確認できたので、そのままディスクイメージの取得作業を開始しました。ほんのごく一部に今回の作業によって発生してしまった傷がありましたが、致命的な領域ではなかったので、そのままデータの確認を行っていただき、復旧作業を完了しました。

 

WDBPGC5000ATTは、接続端子のUSBがHDDに採用されている特殊なHDDです。モーターロック自体は障害としてはなかなか発生しないレアなケースですが、起こってしまうと、ディスクに傷が入ってしまい、発生箇所によっては、データの復旧そのものができなくなることもあります。特にポータブルなどの2.5インチのHDDでは、発生時に聞こえるはず音がほとんど聞こえないので、発生させた傷が深くなっていったり、固着したままディスクが回り、スクラッチを発生させてしまうこともあります。皆様からよく伺うことが、自己診断をされてその結果がほとんどの場合、障害を軽めに判断されていることです。症状の度合いによって障害度合いをある程度判断できなくもないですが、単にHDDを認識してくれないという状態であっても、実は重度物理障害であったということはよくあります。障害の診断は無料で行っておりますので、まずはフリーダイヤルよりご相談いただけますよう、お願いしたします。

地下鉄北浜駅、京阪本線北浜駅・データ復旧・PC修理